用語集

キオスク型デジタルサイネージ

キオスク型デジタルサイネージ

読み:きおすくがたでじたるさいねーじ

キオスクとは元来、簡易建造物を指す言葉で、店舗や公共施設、鉄道駅などに設置される自立式の小型情報端末の総称。コンビニエンスストアなどに設置されている様々な情報サービスを提供する多機能な端末や、ATMなどもキオスク端末のひとつです。

デジタルサイネージにおいてはスタンド一体型で自立式のものを「キオスク型」や「キオスクタイプ」と呼んでいます。安定性があるため大型のディスプレイであっても安心して使用できるのがメリットです。

同一カテゴリーの記事

関連カテゴリー

関連URL